久方ぶりの・・・

数年ぶりに、近隣の 「しだれ梅まつり」 に足を運びました。

外出することがなかなかにむづかしい状況の昨今、買い物以外に出かけたのは何日ぶりでしょう?

Blog20021404

一歩足を踏み入れると、皆が待ち望んでいる “春の景色” が目の前に広がっています。

今年の春はなかなかに厳しく、通常の生活を送ることが困難になっています。

訪れた皆さんは、週末に開催される祭りを待ちきれずに足を運んでこられたのでしょう・・・。

さわやかな澄んだ空気、喜びにさえずる小鳥たち、丁寧に手入れされた枝ぶりや色とりどりに開花した梅の園に感嘆の声を漏らす方も大勢いらっしゃいます。

 Blog20021402

 

春の訪れとともに、少しでも早い市井の回復を願ってやみません・・・。

 

Blog20021403

 

| | コメント (0)

健康祈念

昨年同様に、あわただしい年末年始を迎え、ようやくホッと一息をつきながらのブレイクタイム・・・。

一年を追うごとに年齢による身体のきしみを感じるこの頃ですが、何とか食卓にお節を並べることができました。

Img_653102

今年は父の卒寿の祝いで、活造りをお願いしたのですが、残念なことに箸をつけていただくことができませんでした。

快気祝いの際には、ぜひともお膳を一緒にしましょうね!

家族皆の健康を、心より祈念するばかりです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

| | コメント (0)

謹賀新年

2020

お健やかに新年をお迎えのことと

                          お慶び申し上げます

 

 旧年中は多くの方にお世話になり、無事に1年の業務を締めくくることができました。

発注者様、施工業者様、協力業者の皆様には、心よりお礼を申し上げます。

昨年のラグビーワールドカップの盛りあがりに続き、今年は東京オリンピックが開催されるということで、なにかと楽しみな一年となりそうです

加えて、スポーツをすることも見て楽しむのも健康であってこそという思いは一昨年より変わっていません。

身体に気をつけて無理をせず目の前の仕事に誠実に取り組むことが、今後の自分のありようだと思います

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

年末支度

あわただしい年の瀬に届いた、迎春用とお供え用のアレンジをながめながらホッとするひととき・・・。

Blog121229

新年にふさわしい華やかにしつらえたものと対照的に、仏壇に置く心安らかな花のチョイスがとても見事です!

気持ちを穏やかに、新しい年への期待を想いながら、皆幸せに一年を過ごせるよう祈念したいと思います。

 

| | コメント (0)

上善セレクト!

この時期なので、クリスマスのプレゼントかと思わずほくそ笑んだ子供からのお届け物・・・。

これです!

Blog191216

お気に入りの日本酒の数々・・・。

さて、今日はどれからいただきましょうか?

 

| | コメント (0)

秋の風景

最近打合せ等で時々伺っている、隣町の試験場の並木道の風景です。

Blog19112201

ここ数日で急激に気温が下がり、とても良い色づきになりました。

近隣の方もカメラを片手に、紅葉を楽しみに来られています。

 

そしてこちらは、毎年恒例の市民祭りで行っている建築士グループ担当の射的ゲームの様子です。

Blog19112202

子供さんたちに大変人気のゲーム、今年はどんな景品をゲットしたのでしょう?

皆さん、寒い中一日お疲れさまでした。

 

| | コメント (0)

懐かしい香り

何十年もの間毎年送っていただいた、現地でしか買えない美味しいお土産・・・。

実に4年ぶりに味わうことができました。

Blog191001

 

子供が四国へ行った折に小豆島へ立ち寄って、こちらでは手に入らない、私たち家族が愛してやまない豆餅(現地ではなまこと呼ぶ)と木くらげの佃煮をゲット!

通販で簡単に手に入る品とは違い、その土地のみで愛される絶品です。

大きな商いにするのでなく、そのお店で代々続くお食事処のようなイメージでしょうか・・・。

また、機会があればぜひ訪れて持ち帰りたい、そんな想いに駆られます。

 

| | コメント (0)

旬の手土産

長野産のリンゴが早々と届きました。

Blog190924

表面のボコボコしたキズはひょうによるものだそうです。

もちろん、市場には出せないので農家さんが知り合いに分けるとかして頂いたものなんでしょう。

いい色合いなんですが、惜しいことにきっちり甘みがのる前に落ちてしまったのでしょうね。

今季初ものをいただきます!

 

| | コメント (0)

嬉しい!!

北の国からお土産がたくさん届きました。

Blog190801

北海道を周遊し、各地から美味しそうな恵みの幸の画像とともにメッセージが届けられ、楽しい時間を味わうことができました。

生涯なかなかできない貴重な体験ですね・・・。

お疲れ様でした。

お盆に向けて少しずつ頂戴します。

ありがとうございます!

 

| | コメント (0)

2年ぶりの・・・

日進建築士グループのメンバーで、「東京の旅」に行ってきました。

まず向かったのは、明治時代の建築家 片山東熊(とうくま) 総指揮の下、総力を挙げて建設したと言われる迎賓館。

Blog19070901 

Blog19070902

1909年の誕生からおおよそ110年の時を経て、2009年に国宝に指定され、2016年から一般公開された迎賓館赤坂離宮です。

かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった場所に、東宮御所として誕生した日本で唯一のネオバロック様式の西洋宮殿は、戦後国に移管され昭和の大改修を経て1974年に迎賓館として蘇りました。

開館以来世界各国の公賓が訪れ、華々しい外交活動の舞台となっています。

外観は100年の歴史を感じさせる風合いがありますが、改修を経た平成31年4月の公開より間もないためか、見学できた内部は真新しい状態で、漆喰壁はあくまで白く金箔張りの飾りはきらきらと輝いていました。
残念ながら内部は写真撮影が禁じられており、頼りない記憶に留めるよう一生懸命に見てきました。

 

次に、設計当時からいろいろ問題の多かった新国立競技場(建設中)を道路側から見学(内部は非公開)。

P122081401

そして、黒川紀章設計の国立新美術館に入館。

Blog19070904

Blog19070905

「森の中の美術館」というコンセプトの下、展覧会の開催・情報収集及びその公開・教育普及を設立目的としています。

美術館内の3階にあるフレンチレストランで昼食をいただいたのですが、入館時に1階ロビーにも食べ物の匂いが漂っていたようです。
各階にあるレストランやカフェがオープンスタイルになっており、建物の性格を考えるとどうなんだろうと思いました。

 

日付が変わり、楽しみにしていた「首都圏外郭放水路」へ向かいます。

大雨の度に浸水被害を繰り返してきた中川流域の洪水を、地底50mを貫く総延長6.3kmのトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の地下放水路です。

平成5年に着工し、およそ13年の歳月をかけ平成18年6月に通水が可能になりました。

Blog19070906

この画像は、地下トンネルから流れてきた水の勢いを弱め、江戸川へスムーズに水を流すため、地下22mの位置に造られた長さ177m、幅78m、高さ18mに及ぶ巨大水槽です。まさに地下神殿です。

Blog19070907

実際に見学して外郭放水路の巨大さも実感できたのですが、江戸川河川事務所の展示を見ると縄文時代には埼玉県川越市の辺りまで東京湾が入り込んでおり、東京湾が南方に後退後も江戸川以西のエリアは低湿地で洪水や河川の氾濫が起きやすい地域となったことが理解できました。
今までは埼玉県東部にそんなエリアがあったことも知りませんでしたので、とても勉強になりました。

 

全行程を終えた下りの新幹線の車内では、疲れとともに、二日間に見聞した優れた構築物を想い返す心地よい時間になりました。

また2年後を楽しみに・・・・・・。

 

| | コメント (0)

«絢爛豪華