嬉しい!!

北の国からお土産がたくさん届きました。

Blog190801

北海道を周遊し、各地から美味しそうな恵みの幸の画像とともにメッセージが届けられ、楽しい時間を味わうことができました。

生涯なかなかできない貴重な体験ですね・・・。

お疲れ様でした。

お盆に向けて少しずつ頂戴します。

ありがとうございます!

 

2年ぶりの・・・

日進建築士グループのメンバーで、「東京の旅」に行ってきました。

まず向かったのは、明治時代の建築家 片山東熊(とうくま) 総指揮の下、総力を挙げて建設したと言われる迎賓館。

Blog19070901 

Blog19070902

1909年の誕生からおおよそ110年の時を経て、2009年に国宝に指定され、2016年から一般公開された迎賓館赤坂離宮です。

かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった場所に、東宮御所として誕生した日本で唯一のネオバロック様式の西洋宮殿は、戦後国に移管され昭和の大改修を経て1974年に迎賓館として蘇りました。

開館以来世界各国の公賓が訪れ、華々しい外交活動の舞台となっています。

外観は100年の歴史を感じさせる風合いがありますが、改修を経た平成31年4月の公開より間もないためか、見学できた内部は真新しい状態で、漆喰壁はあくまで白く金箔張りの飾りはきらきらと輝いていました。
残念ながら内部は写真撮影が禁じられており、頼りない記憶に留めるよう一生懸命に見てきました。

 

次に、設計当時からいろいろ問題の多かった新国立競技場(建設中)を道路側から見学(内部は非公開)。

P122081401

そして、黒川紀章設計の国立新美術館に入館。

Blog19070904

Blog19070905

「森の中の美術館」というコンセプトの下、展覧会の開催・情報収集及びその公開・教育普及を設立目的としています。

美術館内の3階にあるフレンチレストランで昼食をいただいたのですが、入館時に1階ロビーにも食べ物の匂いが漂っていたようです。
各階にあるレストランやカフェがオープンスタイルになっており、建物の性格を考えるとどうなんだろうと思いました。

 

日付が変わり、楽しみにしていた「首都圏外郭放水路」へ向かいます。

大雨の度に浸水被害を繰り返してきた中川流域の洪水を、地底50mを貫く総延長6.3kmのトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の地下放水路です。

平成5年に着工し、およそ13年の歳月をかけ平成18年6月に通水が可能になりました。

Blog19070906

この画像は、地下トンネルから流れてきた水の勢いを弱め、江戸川へスムーズに水を流すため、地下22mの位置に造られた長さ177m、幅78m、高さ18mに及ぶ巨大水槽です。まさに地下神殿です。

Blog19070907

実際に見学して外郭放水路の巨大さも実感できたのですが、江戸川河川事務所の展示を見ると縄文時代には埼玉県川越市の辺りまで東京湾が入り込んでおり、東京湾が南方に後退後も江戸川以西のエリアは低湿地で洪水や河川の氾濫が起きやすい地域となったことが理解できました。
今までは埼玉県東部にそんなエリアがあったことも知りませんでしたので、とても勉強になりました。

 

全行程を終えた下りの新幹線の車内では、疲れとともに、二日間に見聞した優れた構築物を想い返す心地よい時間になりました。

また2年後を楽しみに・・・・・・。

 

絢爛豪華

平成21年から始まった名古屋城本丸御殿復元工事。

完成から一年を経てようやく足を運ぶことができました。

Blog19060207

まずは、竹林に勇猛な虎や豹などが描かれた「竹林豹虎図」が玄関でお出迎え・・・。

Blog19060201

そこから奥へ進むと正式な謁見に用いられた「表書院」があり、御殿内では一番広大な建物となっています。

上段の間は藩主 徳川義直が着座した部屋で、床と違・付書院・襖絵からなる頂台構といった正式の座敷飾りを揃えています

Blog19060202

ここは、藩主が身内や家臣との私的な対面や宴席に用いた「対面所」で、障壁画は「風俗画」と呼ばれ、四季の風物や名所が穏やかな筆致で描かれています。

次に、対面所からこの「鷺の廊下」を通って上洛殿へと進みます。

Blog19060203

Blog19060204

そして、三代将軍家光公の上洛に合わせ増築された建物で、豪華絢爛にしつらえた「上洛殿」。

襖絵・天井板絵・彫刻欄間・飾り金具等細部に至るまで贅の限りを尽くしています。

Blog19060205

わずかな時間ではありますが、格式や用途によってさまざまに変化する意匠を細部まで見事に復元させた御殿建築に触れ、匠の技を堪能することができました。

Blog19060206

本丸御殿から見る天守閣というこの素晴らしい画を、今日の感動とともに焼き付けておきましょう!

 

楽しみな日

子供から美味しい珈琲が届きました。

Img_0408

毎日いただいている私たちにとっては、とても嬉しいプレゼント・・・!

年齢が上がっているせいか、はたまた自営業だからなのかわからないのですが、最近はとんとお店で珈琲をいただかなくなり、自前でただひたすら毎日ドリップを入れています。

そして、こちらは早々に父の日仕様のお酒たち・・・。

Img_0417 

沖縄で、なくてはならないコーレーグースもしっかり通販でゲットしてもらいました。

ここ数年現地へ訪れることを心待ちにしている当人にとっては、焼酎と同じくらい待ちに待った品物だったことでしょう!

お気持ちありがたく頂戴します!

 

年忌法要

連休明けの五月晴の日に、一周忌法要が滞りなく営まれました。

Img_0406

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49日同様、お供えを持参して納骨堂で供養をしていただきました。

この日をもって喪が明けることになります。

当日は住職さんから、大観音の設立秘話や真言宗大本山 高野山のお話など、たいへん有意義で奥深いお話を伺うことができました。

 

竣工しました!

一昨年のコンペからおおよそ1年半の時間をかけて、地区の建設委員さんたちと協議を重ね、ようやく竣工を迎えることができました。
その一部を紹介したいと思います。

02

木造2階建 防災瓦葺きに乾式タイル張り外壁の区民会館です。
茶系の屋根にやさしいアイボリー基調の外壁で街並みにもとけ込んでいます。

Blog042802

エントランスとホールに向かう廊下です。
道路・屋外からのアプローチは段差のないバリアフリーとしており、室内廊下も十分な広さを確保しています。

Blog042803

エントランスホールには地元伝統行事の「お馬頭(おまんとう)」で使用する「馬具」や地区が所有する古地図の展示スペースが設けられています。地域をまとめる行事の象徴を区民会館に展示したいという建設委員さんたちの熱意で造られたものです。

Blog042805  

区の総会や大人数のイベントが行える杉羽目板の木目が優しいホールです。もう少し小さなグループ等で利用する場合には2つの部屋に分けて使用することができます。
また、地区住民の憩いの場として利用することも考えられており、プロジェクターを用いたTV放送・DVD再生にも対応しています。

Blog042801

2階の会議室です。主に区議会や多人数での役員会・委員会等で使用されます。

Blog042804

一般用の男女トイレとは別に多目的トイレを設けています。
車椅子での利用以外にも乳幼児のおむつ交換用ベッド・ベビーチェアが設置されており、若い世代の方々にも区民会館の利用を通して積極的に地区活動に参加していただけるよう配慮しています。

「無駄・無理がなく本当に必要な機能を持った区民会館にしたい!」という建設委員会の強い思いを受けて設計監理を進めてきました。
いろんな意見を取りまとめ、多くの要望の取捨選択を繰り返す中で、ようやく答えらしきものに辿り着けたと感慨ひとしおです。

設計当初よりご協力いただいた建設委員会の皆様、施工に尽力いただいた工務店様には心より感謝を申し上げたいと思います。

 

静寂につつまれて・・・

満開の桜にしばし日常を忘れたのもつかの間、早くもあちらこちらで花吹雪をみかける今日この頃・・・。

和らいだ空間で、つくしやわらびをつむ人々を眺めては、自分の子供のころを思い浮かべるのもこの時期です。

そんな折、あわただしさにかまけて年始の恒例行事が行われていなかったことに気づき、お札をもっていざ熱田神宮へ向かいました。

元旦には絶対にこの景色は写せないであろう、神宮正殿の画です。

例年ここへたどり着くまで、多くの人にもまれ長い時間をかけてようやく合掌する位置ですが、今日はいともたやすくたどり着きます。

その後、全ての事柄に御礼と感謝をし、安らかな気持ちでお札をいただいて帰途に・・・。

Resize0767

明けて令和の年も、またこの荘厳なたたずまいに身をおきたいと願うばかりです。

お花見?

新しい年が明けてふっと気が付いたら、もう桜の開花時期になっています。
ということは、すでに一年の4分の1が過ぎたということ・・・。

いやはや、ついていけないほどの速度です・・・。

開花宣言が全国的に報道されているのを横目に、例年の神明社のさくらをウオーキングがてらさっそく確認!

Img_0789_1

そして、今年も期待にたがわず、見事に咲き誇っているその姿に感動です。

樹齢は不明ですが、この時期に愛でずにはいられないこの老木に毎年たくさんのエネルギーをいただいていることに感謝です!

 

大観音 金龍寺

年末年始の何ともならないあわただしさの中、お寺さんへ伺うこともままならず、母の一周忌の日取りの取決めをかねてようやく足を運ぶことができました。

 

名古屋市瑞穂区にある真言宗 金龍寺さんには、高さ7.6m の十一面観世音菩薩さまが鎮座され、我々訪れる人々を暖かく見守っています。

 

初めて拝見したときの驚きは今でも鮮明に思い出すほどで、その大きさに圧倒され荘厳なお姿に思わず合掌したほどでした。

 

ご縁があり、足を運ぶようになって驚いたことは、金龍寺の観音様が自分と同じ年に鎮座されたということ・・・。なんと、ありがたいことでしょう!

 

Blog190208

 

どうぞ、ご尊顔を拝すことが近くまたありますように・・・。

穏やかに・・・

例年になくあわただしい年末から、引き続いて迎えた新年も息つく暇もないほど怒涛のような毎日・・・。

ようやく子供が撮った元旦のテーブルを、載せることができました。

Blog19010402

慌ててセッティングした証拠に、取り皿が用意できずにお雑煮をつけてから気づく始末・・。

う~ん、余裕のないときは、こういうミスをするんだなという動かぬ証拠の写真です。

今年こそ、年齢に応じたゆっくりした日々を過ごしたいものだねと夫婦で語り合う新年になりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

«迎春