« ファイト!!! | トップページ | Merry X'mas 2008 »

合掌造り

― 世界遺産 ・ 五箇山合掌造りには4つの顔があります ―

美しい四季の表情を載せたリーフレットには、こんなキャッチコピーとともに1995年に世界文化遺産として登録された、富山県南砺(なんと)市の五箇山の合掌造りの紹介がありました。

越中五箇山は江戸時代の加賀藩領の地域名称で、今回の研修旅行ではその中の平村のほぼ中央に位置している 「相倉合掌造り集落」 へ足を運びました。

Blog0812104 まずは、カメラに収めた風景を見てください。

今もって20棟が現存している相倉には、100年~200年前の合掌造りが多く、古いものは400年前に建造されたといわれています。
Blog0812105 60度の勾配の屋根はほぼ正三角形に近く、その大きな屋根をささえるチョンナと呼ばれる太い梁で、雪深い厳しい自然に対応しています。

国指定史跡であり、世界遺産登録された文化財保護地域でもある相倉には、約60人の住人の方が現在も生活をし、この貴重な遺産を後世に残していくために努力を続けています。

集落で、かわいらしいお店をみつけました・・・。

« ファイト!!! | トップページ | Merry X'mas 2008 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合掌造り:

« ファイト!!! | トップページ | Merry X'mas 2008 »