« Lovery shot | トップページ | 建国記念の日に・・ »

木塾

Blog0902041 秋口から年初にかけて開催された、(社)愛知建築士会主催の 「木塾(ぼくじゅく)」という講座に参加しました。

「ここまで変わった木材と木造建築」と「木造建築のこれから」というテーマで、全三回開講されました。

各回、「木造建築を見直す」、「住まいの思想と実践」、「木造建築の防火性能について」の講話が用意され、それぞれの講師自身の著書や実例等を参考に進められました。

余談ですが、塾生となるにあたり、「塾則」なるものが用意されていて、学ぶということの本来の意味を再確認したような気がします。

その内容は、固定概念に捉われず、心を拓き、学びの中から各々が択び、それにより得た事柄や人を結び、自ら資質の向上に繋げる・・・・・・「拓き 択び 繋ぐ」 というものです。

今、この時代だからこそ・・・と、ある意味自分自身の建築に対する信念を認識しなおす良い機会だったかも知れません。

※写真は我家の2F廊下の天井部分

« Lovery shot | トップページ | 建国記念の日に・・ »

設計・建築関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木塾:

« Lovery shot | トップページ | 建国記念の日に・・ »