« これがなくては・・・! | トップページ | おめでとうございます! »

宇治橋を渡って・・・

伊勢神宮の「内宮神楽殿」です。

Blog10122001伊勢参りが一生に一度の大イベントであった江戸時代、6人に1人が神宮におまいりしたという「お陰参り」で、一番のあこがれは、この神楽殿で「大々神楽(だいだいかぐら)」を奉納することだったといいます。

「大々神楽」とは、いにしえから神事に用いられてきた歌舞で、大御神に感謝の意をささげるために奏でられ、同時に国の平安や家内安全・願事の成就などの祈祷もされてきたそうです。

Blog10122002_2 またこちらは、参道途中で見つけた、各地の酒蔵から奉納された酒樽の数々。

大晦日には、この酒樽の前で年越餅配りが行われるとか・・・。

二十数年ぶりの伊勢参り、業者の皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。

年忘れの会にお誘いいただき、お心遣いありがとうございます。

« これがなくては・・・! | トップページ | おめでとうございます! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇治橋を渡って・・・:

« これがなくては・・・! | トップページ | おめでとうございます! »